検品: お預かりした着物は、生地や素材を確認し、破れ・ほつれ・しみ・変色・黄変などを念入りにチェックします。

洗い: やさしく丸洗いします。汚れの種類によっては、先にしみ抜き作業を行います。

乾燥: より良い仕上げにするために、風通しの良い場所で自然乾燥をします。また、日焼け・蛍光灯焼けを防ぐため、薄暗くして着物を干します。






<レギュラー>
衿のファンデーション・袖口・すそ回りの汚れなどをとります。
<ハイクラス>
衿・袖口・すそ回りの汚れなど。また、黄変や血液などの部分的なしみ抜きも行います。
<ダイヤモンドクラス>
高度な技術と特殊なしみ抜き溶剤を用い、部分的なしみや、古い黄変なども落とします。






完全には落ちなかったしみ・黄変などを、お客様のご要望に応じて、その部分に柄を描いたり金箔等を用いて目立たなくする加工です。

生地の色落ちした部分の地直し修復加工。※染めによっては、出来ない場合もあります。






永年、着物に携わり培った技の一つです。
高度な技術と特殊な器具を用いて着物の縮み、生地のタルミ等を元の状態に戻します。
張りとつやのある高級仕上げです。





和紙入りたとう紙に入れ、さらに厚紙を重ねます。着物を湿気から守るため、乾燥剤(シルカゲル)も同梱。
型くずれしないように、和服専用の箱に入れてお渡しします。